スキルアップネタ&メモ&TOOL

   その名の通り、自分のメモ用ブログです。最初は、ブックマークのようにどんどんURLを貼り付けるだけになると思います。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カテゴリー

プロフィール

fujishino

Author:fujishino
こちらの記事より

最近の記事

ad

HOME > ARCHIVE - 2008年04月

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | このエントリーを含むはてなブックマーク


 オークショントラブル 入札は冷静に行いましょう
最近やってしまった失敗談です。

Yahooオークションで、中古のノートパソコンを探していて、安いものを見つけていました。
でも、終了間際には必ず金額が上がるので落札しないつもりで、金額を入れて入札・・・
・・・
あれ?
「あなたが落札者です」 希望落札価格での落札
という画面に切り替わりました。
金額も、入れようと思ったものよりかなり高い額面です。
冷や汗が、、、

なんと、桁を一つ多く入れてしまっていたので、高く設定されている「希望落札価格」で落札してしまったようです。
いつもきちんとした作業の時にはデスクトップPCで作業するのですが、寝る前に枕元で横になりながらノートパソコンで、寝ぼけて入札してしまったために、桁を多くしてしまいました(泣

一応理由をつけて出品者に交渉してみたのですが、「落札後の金額交渉には一切応じない」とのこと。
そりゃそうでしょう。きちんとした取引ですからね。
ということで、泣く泣く落札金額を振り込みました。

皆さんもオークションでの入札時は、(もちろん出品時もそうですが)きちんと画面を見て、入札した金額が妥当かどうか確認して、本当に購入したいのを確認して入札しましょう。

いまさらですが、いい勉強になりました。。

10918123_T.jpg

ネットワーク インターネット | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク


 学校裏サイト その4 裏サイトの探し方
ぼちぼちと、この裏サイトに関するエントリを書いている間にも、
テレビで報道されたり、中傷した同級生を提訴するというニュースがあったりと、やはり大きな社会問題となっているようです。

しかし、親の方たちが「学校裏サイト 探し方」「裏サイト 見つけ方」などで検索しても、なかなか自分たちの地域の学校の裏サイトが見つからないという状況だと思います。
だから、「裏サイト」と言われるわけですが、現時点で調べたりして分かっている範囲で探し方について書きたいと思います。

まず、ネット上での探し方ですが、
基本的に、細かいURLや探し方をネット上に公開してしまうと、良くない影響も多いので、知っていてもあまり取り上げたりしないのが現状です。というのは、検索の仕方が分かると、良くない動機を持った大人や若者がそのサイトに乱入して、いかにも同じ学校の生徒のように装ってますます悪口や中傷をエスカレートさせていきます。または、そこから得られる個人名などを用いて悪用したり、掲示板をアダルトサイトなどの宣伝に使ったりするわけです。

まず第一段階は、検索サイトで学校の名前を入れることから探せるかもしれません。

しかし、検索サイトYahooやGoogleなどがありますが、それはすべてのインターネットサイトを検索できるわけではないことを理解しておきましょう。それぞれの検索ロボットが巡回したところでないと検索に引っかかりませんし、検索にひっかからないようにプログラムすることも出来ます。また、検索サイト側にフィルターがかかっていてデータはあっても検索結果に出ないこともあります。
それでも、いくらかはひっかかるかもしれません。

そうやって、検索などを行なっていくと、次のヒントが浮かんできます。
だいたいみんなは同じような、無料レンタル掲示板やホームページスペースを利用しているということです。
携帯であれパソコンからであれ、学生はお金がかかるスペースよりも無料のところを利用していますので、そのようなレンタルサーバを探すとだいぶ絞られるかもしれません。
そして、もし見つかったら、レンタルサーバーのカスタマーサポートに連絡して削除依頼や調査を行なってもらうことが出来ます。おそらく規約に反していますのですぐ動いてくれることと思います。


とはいっても、学校名を直接載せていなかったり、ニックネームだったり、ログインID専用のサイトだったりすると、簡単には見つからないですよね。

次回は、調べた中で一番効果的と思った、「学校裏サイトの探し方」です。








ネットワーク インターネット | 固定リンク | トラックバック:1 | コメント:3 | このエントリーを含むはてなブックマーク


 学校裏サイト その3 どのようにサイトが発展していくか
学校裏サイトと簡単には言いますが、これまでも書いたようにそれ形態は様々なものがあります。
簡易掲示板のようなものから、PHPやCGIを使った高度なSNSのようなものまで、いろいろです。

多くは携帯電話から利用できる掲示板のようなものかもしれません。
しかし、若者たちの吸収力をあなどってはいけません。興味本位からはじめたホームページ作りからいろいろ試していくうちに自分でパスワード付きのサイトを作れるようになったりします。

その例を一つ。「裏サイト」と考えるのではなくて、学生たちがどのようにネットの技術を向上して行って、内輪ネタを話すようになるかの過程の参考です。

s-FE165.jpg

私は、あるプログラムの勉強で、それに関する掲示板を覗いていました。
他のサイトから流れてきたある中学一年生の男の子も、たまたまどこかからそのサイトに流れ着いたようです。そこでの発言などを見ていると、最初はネットのマナーなどを全然分かっていない様子でしたが、それに対して周りのみんなが注意をしていきます。彼はそこでまずネットのマナーを覚えつつありました。

その後、PHPで作られていた掲示板を自分でも作ってみたいと思うようになったようで、たとえば「XOOPS」としますと、それをダウンロードして、その後どうやったらサイトが作れるのかを経験者に尋ねます。
最初は経験者(同じく学生)が、無料のレンタルサーバにアップする方法を手伝いますが、そんなに難しくないのであっというまに自分で管理できるようになります。

長くなりそうなので、続きは↓

[学校裏サイト その3 どのようにサイトが発展していくか]の続きを読む
ネットワーク インターネット | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク


 学校裏サイト その2 ネットいじめに発展・・・
「学校裏サイトは裏サイトだから・・・ その1」の記事で、まずは簡単にサイトが作れるということを書きました。

ただサイトを作るだけなら友達との交流を楽しむ程度で健全な利用は問題ないのですが、それがだんだんと悪質なものに発展していくと、今問題になっているような「ネットいじめ」、そしてその影響を受けた若者が→「自殺」に追い込まれるという展開になっていくわけです。

最初は、他愛もないネタの書き込みが友達とやりとりされていきます。「今日の宿題できたー?」程度のものかもしれません。
00028370_T.jpg

それがだんだん続いていくと、何も話すことがなくなってきたり、「ネットだから相手が見えない」ということで、「王様の耳はロバの耳」と言う童話の「叫びの壷」のように愚痴をどんどん吐き出していくようになるわけです。

これも最初は、たくさんの宿題を出した先生の悪口などからかもしれませんが、一旦悪口が出てくるとあとは、タガがはずれたかのように悪口が悪口を呼び込んで収集つかないような状態になります。
先生やクラスの悪口を書いているとそのような内輪ネタをみるのが面白い生徒たちがまた集まってきてそこは悪質な掲示板になります。

こうなると、参加人数が増えてきていますので、その中の一人が「死ね」とか「殺す」という書き込みを行なうと、みんなが書き込むようになります。それはキーボードをいくつかたたくだけですので簡単なもんです。

今度は、悪口の対象になった生徒がこの掲示板を見ると、もちろんショックを受けます。一旦見てしまうと、その後も気になって、時々アクセスします。クラスの「全員」がその掲示板に参加していなくても「みんなが自分の悪口を言っている」と思って動揺します。そうなると学校へ行っても楽しくありませんし、ネットで悪口ネタを仕入れたクラスメイト達は、うその情報でもうわさ話で持ちきりになるので、あとは悪循環に陥るわけです。

これは精神的につらいですね。。

CNET JAPANのニュースによると、文部科学省が行なったアンケートでは
2008年3月11日時点で、学校裏サイトとされるものが、約3万8千件になっていることが発表されたようです。どうやって探したらいいのか、後の記事で書く予定です。



※インターネットの運営方法や、作成方法、悪質になっていく過程などは様々なパターンがありますので、このエントリの内容がすべてではないことをご了承ください。

ネットワーク インターネット | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク


 学校裏サイトは裏サイトだから・・・ その1
新学期も始まって、新しい友達も出来るようになると、学生たちは自分たちのホームページやSNSなどコミュニケーションの場をインターネットに求めるようになります。

少し前から「学校裏サイト」という言葉が良く使われるようになりましたが、
学校裏サイトってどうやって探すの?」と思っている人も多いかもしれません。学校裏サイトの探し方が気になっている方に、そもそもどのように学校裏サイトとなっていくか、ある一つのパターンを紹介したいと思います。
普通に検索で「学校裏サイト」と検索しても、見つけるのは難しいでしょう。

なぜなら、
裏サイト、つまりアンダーグラウンドで運営しているサイトですから、公には見つけることが出来ないように作っているわけです。自ら「これが○○学校の裏サイトです」と公表するようなことはしないでしょう。もちろん学校側が運営しているわけでもありません。
00028193_T.jpg


簡単に学校裏サイトと言っても多くは、みんなが最初から裏と思ってサイトを作っているわけではなく、最初は「ホームページ作りの勉強に・・・」というような感覚や、「みんながブログをやっているから私も・・・」というノリで実験的にホームページや掲示板、ブログなどを立ち上げていきます。普通に公開されるものもあれば、パスワードでログインしないといけないものもあります。ほとんどは「無料で」作成できるという簡易サイトを利用していることがほとんどです。

そして自分でアクセスするだけでは寂しいので、クラスの友人に「ホームページを作った」と、サイトのアドレス(URL)を教えます。
そして、ホームページを作ったときはアクセスが増えるのが一番嬉しいので、どんどん友達に紹介します。そうなると、自分たちの仲間内だけでの情報やネタなどがどんどん書き込まれ、そこはクラスあるいは学校専用の「裏サイト」となるわけです。

では、どのようにそれが悪質なサイトとなっていくのでしょうか?
次回 その2で書いていきます。
    その3は実際に裏サイトに潜入した体験を書きます。
    
※インターネットの運営方法や、作成方法、悪質になっていく過程などは様々なパターンがありますので、このエントリの内容がすべてではないことをご了承ください。

ネットワーク インターネット | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク


 ポリスチャンネルのビデオでトラブル対策!
いまだに振り込め詐欺の被害にあっている人が少なくないようです。
特にインターネットを通しての詐欺も相変わらずです。
もしかすると、このブログを読みながらも、実は被害にあっていて気付いていないという人もいるかも分かりません。
たとえば、無線LANを使用している人は、近所の家や部屋の人が勝手にあなたの無線LANに接続している可能性があります。
このような事例も、ビデオで対策などを教えてもらうと、パソコン初心者の方でも納得していただけますね。

ということで、今回紹介するのは
ポリスチャンネル
と言うサイトで、様々な犯罪に対して防犯意識を高めるために作成されたサイトで、ビデオライブラリという中には、
サイバー犯罪に関してのカテゴリもあります。有名な女優さんも出てきますので、犯罪対策に一度みてみるのはいかがでしょうか?




ネットワーク インターネット | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク


 懐かしの?NECのPC-9801
今日のお客様宅で発見した、NECのPC-9801パソコン
もちろんWindowsなどが出る前のパソコンです。
1990年くらいに出たものです。
当時は85万で購入したとおっしゃっていました。
s-TS3B0061.jpg


降りたたたみが出来て持ち運びやすかったり、キーボードが外れるなど、当時としてはとても画期的なものだったんでしょうね。フロッピーも3.5インチが二つついています。
5.0インチから3.5インチに変わり始めた頃だったかな?

私はこの頃はまだ中学生で、MSXの方を触り始めた頃でした。



レトロ | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク


 鍼灸医やさんのカルテソフト
交通事故のために、近所の鍼灸やさんに行っているのですが、
その方は弱視の方で光の強さなどによってはぼやっと目が見えるとのこと。
でも、パソコンにも詳しく、NEC-88時代から若い頃は高額のパソコンを購入して、いろいろいじっていたなど話を聞きながら鍼、マッサージをしてもらっています。

パソコンの画面を見るときは、音声読み上げなども使うことはあるようですが、メールやコンテンツなどはテキスト形式にして背景を黒、テキストを白にして彩度をはっきりさせて、見ているようです。

その先生と、電子カルテの話になって、
回りの全盲の先生や弱視の先生も含めて、どんな人でも簡単に使えて音声読み上げソフトでも読んでくれるようなソフトを開発したいけど、以前だったら自分で何でもプログラム出来たのに、最近はプログラム言語をまず覚えるために困難が生じるのでなかなか出来ないということでした。
聞くと、音声読み上げソフトが読んでくれるソフトでも、たとえばエラーのポップアップウインドウまでは、読んでくれなくて、目が見えない人はそれに気付かず、全然次に進めないとか、見えない状態で保険請求のテキストを打っても、ボックスの入力桁制限などが分からずエラーが出るとか、結構苦労がありそうです。

それで、何かすでにそういうのを開発している人がいるのでは、と探してみるといろいろ見つかりました。
それをすでにまとめてくれているサイトを紹介します。

カルテ管理ソフトのまとめ




カルテソフト

はなももカルテ




三療カルテ



その他 | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク


 オープンソースのグループウェアaipo4
最近はグループウェアもあたりまえになってきて、大手の企業でもサイボウズなどを結構利用しているようですね。
今回、オープンソースで使用できる、グループウェア
aipo4(アイポ)」をインストールしてみました。




プレスリリースによると、3週間で二万件以上のダウンロードがあったとのこと。
やはりみんなグループウェアを捜し歩いているんでしょうね。
インストールは簡単です。ダウンロードしたファイルをクリックしてそのまま進めるだけ。
最初はログイン時にadminで入室して設定を行なうことができます。

カレンダー、Todo、掲示板、アドレス帳、ブログ機能。。などなど基本的な必要機能は備わっていますし、
携帯からもアクセスできるので、これがオープンソースというのはとてもいいですね。

インストールしてみて気付いたのが、
ユーザーコミュニティでも、意見が寄せられていますが、
ワークフローにファイルを添付できたらいいなと思いました。



他にも今気になっているグループウェアは、

「ITはあと」
というようなグループウェアも見つけました。これはまだインストールしてみたことがありませんが、いろんな機能があります。
試してみるのはどうでしょうか?



ネットワーク サーバー構築 | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク

copyright © 2005 スキルアップネタ&メモ&TOOL all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
パソコンサポートf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。