スキルアップネタ&メモ&TOOL

   その名の通り、自分のメモ用ブログです。最初は、ブックマークのようにどんどんURLを貼り付けるだけになると思います。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カテゴリー

プロフィール

fujishino

Author:fujishino
こちらの記事より

最近の記事

ad

HOME > ARCHIVE - 2008年07月

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | このエントリーを含むはてなブックマーク


 HDD(ハードディスク)からのデータ救出 その1
パソコンのサポートをしていると、まだWindows98やMeを使っておられる方が結構いらっしゃいますが、そろそろ、買い替え時と考えているようですね。

古いパソコンから新しいパソコンに買い換える時には、今後も使えるパーツだけでも取り出して節約したいものです。
でも、ドライブはCD読み込みだけなので、DVDが主流になっている今、あまり必要とされません。
メモリも、個人的には古いメモリは希少価値があるので取っておいて欲しいですが、次のパソコンで試用できるかというと、型が違えばそれは無理です。
ハードディスク自体も、最近の方が容量も増えて、しかもIDE→SATAと変わってきているので、あまりにも古いパソコンは、容量を考えるとUSBフラッシュメモリの方が使いやすいかもしれません。

と、考えるとハードディスクに残っているデータを取り出すことくらいでしょうか。。
他にも、緊急時にデータを取り出したいと言う時もあるかと思います。

今回のシリーズで、いくつかのHDDからのデータ救出法を書きたいと思いますが、、

いきなり、HDDから直接データを読み出す方法からいきます。
下記のようなUSB⇔HDDの変換ケーブルを利用します。

GH-USHD-IDESA(GREEN HOUSE )
icon

icon
icon



古いパソコンについていたHDDのコネクタから現在のパソコンのUSBに接続します。
そうすると、USBのフラッシュメモリをつけたときのようになりますので、そこから必要なデータを取り出すと言うわけです。

多分、これだけでは初心者はよく分からないと思います。パソコンを一度でも分解したことがある人は、ピンと来ると思います。

パソコン本体からのHDDの取り出し方、HDDが物理的にデータ破損していた場合、もっと簡単にソフトなどを使ってデータを取り出したり、削除してしまったデータを救出する方法などは、またぼちぼち書いていきます。または、それを実際にやってくれているサイトを紹介するようにします。


「HDD(ハードディスク)データ救出術」 続きます。
パソコン 修理、トラブル | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク


 ファイアーウォールでログインできない 電話サポート編 その2
別々の友人から電話での相談があり、そのままサポートで開通にいたった本日二件目の例は、

以前に無線LANの設定を行なってあげた方からでしたが、
MSNにログインしようと思うのに、「ファイアーウォールがなんたらプロシキがどうのこうの」が出て来てログインできない
とのこと。

パソコントラブルでエラー情報を読んでくださる方は、よくプロシキとおっしゃいますね。正しくは「プロキシ」です。
うーん、これは私が行なった無線設定の原因ではなさそうな、、
ということで、まずインターネットエクスプローラのツール→オプション→「接続」からプロキシを設定しているのか確認しましたが、それは問題なし。
あとは、ファイアーウォールというわけですから、Windowsのものかセキュリティソフトのものか確認したいわけですが、「何が入っているか分からない」とのこと。
右下に出てくるアイコンを尋ねると
「ノートン」のセキュリティソフトが入っているようです。
そのアイコンをとりあえずダブルクリックしてもらうと、
「あったあった、ファイアーウォールが有効とあります。これを無効にしたんでいいですか?」
ということでしたので、まずはそうしてもらうことに。

すると
「ログインできましたー!!」
という声が聞こえて、うまく言ったようです。
あとはノートンの方の設定を変更してあげるといいのですが、電話では限界があります。
しかも、相手の方は外国の方なので、マニュアルはあまり意味がないし。。
とりあえず電話口の通訳の方と話し合ってもらい、原因が分かったのであとはなんとかこの方法でやってみるとのこと。

電話口でOSだけならまだしも、ソフトの方の切り分けをするのは結構大変です。。

キングソフトインターネットセキュリティU
ネットワーク 家庭内LAN | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク


 無線LANのパスワード 電話サポート編
今日は、友人からの無線LANに関するトラブル相談で、電話でのサポートを二件行ないました。

一件目は、以前3年くらい前に泊まりに行った時に無線LANの設定をしてあげた神戸の知り合いからですが、うちからは高速で4時間くらい離れていますから電話でなんとかするしかありません。

相談内容は、
「パソコンを買い換えたら、無線LANに繋がらなくなった。無線LANのパスワードも分からない」
というものでした。

構成は、Yahooモデム→バッファロールーター→無線LANにて各家庭内の各パソコン
という感じです。
電話で聞くと、今近くにあるのは、
自分用の新しいWindowsVISTAのノートパソコンとお母さんのWindows2000のノートパソコンです。
「ケーブルとモデムを繋いでみた」と言ってますが、よく聞くとバッファロールータをはずしてYahooモデムにパソコンを繋いでいます。
LANケーブルがないのでバッファロー無線ルータにはパソコンを繋げられないとのこと。

さて、どうしましょうか。。相手は全然パソコンのことが分からない女の子です。

ここまででだいぶ、相手の状況、環境が分かってきましたので、
現在無線LANで繋がっている、お母さんのパソコンから
http://192.168.11.1 というURLをブラウザに入力してもらいました。
するとログイン画面が出ましたので、
adminかrootかuserなど、この型のルータのデフォルトIDとパスワードを入れてもらうと、
ログインできました。
ここまでくれば、あとは画面の中にある「無線LAN設定」というところを探してもらい、
以前に設定したIDと、
パスワードの部分の文字を見つけてもらいます。

なんとか見つかりました。10桁のWEPがかかっています。
では、次にWindowsVISTAの方のノートパソコンからこのIDの無線電波を見つけてもらって、
接続し、ここに出てきたパスワードを入れると・・・

繋がりました。

無線LANのパスワードなどは、大事に保存しておきましょう。そして保存した場所もきちんと覚えておきましょうね。
数年経つと、結構書類を置いている場所を忘れたという方が多いんですよね。
一台だけならオールリセットから作業できる可能性がありますが、
無線LANを数台使っていたり、まして電話で説明となると、、結構手間がかかったりします。

AirStation HighPower WHR-HP-G
icon

icon
icon
 

ネットワーク 家庭内LAN | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク

copyright © 2005 スキルアップネタ&メモ&TOOL all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
パソコンサポートf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。