スキルアップネタ&メモ&TOOL

   その名の通り、自分のメモ用ブログです。最初は、ブックマークのようにどんどんURLを貼り付けるだけになると思います。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カテゴリー

プロフィール

fujishino

Author:fujishino
こちらの記事より

最近の記事

ad

HOME > ARCHIVE - 2011年04月

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | このエントリーを含むはてなブックマーク


 パソコンの節電ソフト
追記5/12発表の、マイクロソフト節電プログラムは次の記事にエントリしました。
出ました。マイクロソフト節電ソフト「自動節電プログラム」
http://fujishino.blog122.fc2.com/blog-entry-120.html


以上追記


4/25現在、夏場の電力不足を前に、日本マイクロソフトが消費電力を3割減らすプログラムを開発しているというニュースがありました。

マイクロソフトでは、
パソコンやサーバーの節電機能、その他、役立つマイクロソフト・サポート技術情報
http://support.microsoft.com/gp/jishin-taisaku/ja#tab1

というページが設置されて、どのように節電に対応していくかという情報をまとめていますが、

他にも、パソコンのための節電ソフトや情報サイトがありましたので、ご紹介します。

まずはキャノン(CANON)が開発した、
HOME-ECO 無償版
というソフト
これはリアルタイムに消費電力を診断して、最適な電源プロファイルを設定したり、使用状況をモニタリングして省電力モードの設定を変更したりするものだそうです。他にもいろいろと節電のために役立つソフトとなっているようです。
(現時点では2011年4月18日から6月30日までの無償提供です)

他にも、
オプtィムが提供する「Optimal Green」 というソフトもあります。期間限定で無償配布中です!!
green.jpg
soptim.jpg

Optimal Green
パソコンの利用環境設定の内容をもとにOPTiMの独自診断テクノロジーEED(:Ecology Effect Diagnostic Technology)を用い現在の消費電力の診断を行い、省電力設定を行います。
さらに、電力使用量の最適化設定を行うことにより省エネを実現し、画面でその効果を確認することができます。
機能概要としては、
 ・パソコンの消費電力の診断
 ・パソコン本体、モニタ、ハードディスクなど電源プロファイル最適化による省電力設定
 ・パソコン使用状況に連動した省電力設定
 ・無線LANの自動OFF設定、視覚効果の最適化設定による省電力設定
 ・電力消費量比較、電力削減量、予想消費電力量表示
 ・省エネ状況の理論値表示

特徴
 ・消費電力の診断の実施
 ・般家庭利用ではPC1台当たり年間約18kgのCO2排出量の削減、年間最大約7800円の電気料金削減効果


ソフトに頼るのではなくて、自分で節電をしたい人は、
コントロールパネルから電源の設定を変更することができます。

Windows 7、Windows Vista、Windows XPの3つのOSの設定方法が載せられているのは、
NIKKEI TRENDY NET(日経トレンディネット)の記事
今すぐやっておきたいWindowsパソコン節電テクニック
の記事が役立ちます。

他には、
停電になってしまったり、計画停電時も安全にパソコンをシャットダウンしたいときに役立つのは、
UPS 無停電電源装置ですね。
作業中に、突然停電になったり、計画停電が始まったりするときに、それまで作業していたデータを失ってしまっては元も子もありません。

特に、停電中にパソコンを使うという目的よりも、停電があっても数分間さえ電源を維持できれば、安全にパソコンをシャットダウンするという目的で商品を選んでおくと、安く手に入りやすいですよ。


ワット数が違うと値段も少々変わります。用途に合わせて。



他にも格安のUPSやその他いろいろは下部の「続きを読むから」



[パソコンの節電ソフト]の続きを読む
TOOL | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク

copyright © 2005 スキルアップネタ&メモ&TOOL all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
パソコンサポートf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。