スキルアップネタ&メモ&TOOL

   その名の通り、自分のメモ用ブログです。最初は、ブックマークのようにどんどんURLを貼り付けるだけになると思います。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カテゴリー

プロフィール

fujishino

Author:fujishino
こちらの記事より

最近の記事

ad

HOME > スポンサー広告 > title - トラックバックとコメントどちらをよく使うか・・・HOME > HP作成 SEO > title - トラックバックとコメントどちらをよく使うか・・・

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | このエントリーを含むはてなブックマーク


 トラックバックとコメントどちらをよく使うか・・・
トラックバックとコメントどちらをよく使うかと聞かれると、
「コメント」の方をよく使うと答えた人が、86パーセントというリサーチが以前にあったようですが、

ホットリサーチ




結構、ブログ初心者の方は「トラックバック」の使い方をよく知らない方が多いようです。
とくに主婦でブログを利用されている方は、「トラックバックってやったことないですー」
と言われます。
ブログをやり始めたら、まず「コメント」という作業を覚えてしまって、「トラックバック」はというと、SEOやブログの宣伝などの目的がないと使わないのかもしれません。
でも、自分が書いた記事が、どの記事に感銘を受けて書いたかとか、共感を得たライターとのつながりを感じたい時はトラックバックは有効利用できます。

ところが、いざトラックバックを利用するようになると、今度はスパムに悩まされますね。
全然関係ない記事からトラックバックされると、それは即効削除対象になります。

ホームページを作る人のネタ帳



こちらの記事で、トラックバックに関するエントリがありました。
トラックバックが届いていないのでは?というものです。
当ブログと同じFC2ブログですが、アクセスは比にならない有名サイトなので、それはスパムも多いことでしょう。
私も以前、こちらのブログにトラックバックを送りましたが、反映されなかったのは、スパムと判断されたのか、今回取り上げられたようなFC2の不具合なのか・・・
>1月11日以降トラックバックしたかたがいましたら、どうかコメントいただけないかと思い記事とさせていただきました。

とあったので、一応今回も送ってみます。

で、今回の題名に関して、自分でも考えてみても、どうなんでしょう。
やはり「コメント」は、直接相手に対して何かを伝えたい時でしょうか、、
でも、自分の記事を通して相手に何か伝えたい時には「トラックバック」を使うし。
ブログを紹介したりする時は、
コメントで「紹介しました」というような内容で、どこに感銘を受けて紹介したいと思ったかを簡単に書き込んで、
トラックバックで、記事の繋がりを持たせて・・・うーん、分からなくなってきましたね。

ようするに私の答えはずばり「フィーリング」です。
HP作成 SEO | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:2 | このエントリーを含むはてなブックマーク

<<交通事故に遭ってしまった-その1 | ホーム | マクドナルドを30日間食べ続けるとどうなるかを検証した日本人>>

コメント
  gtryti
プロフェッショナル、知識、および非常に深い専門知識をしています。良いああ、非常に良い、ここですることをお勧めします。
http://www.uggsshopbootsuk.com/
URL | wywl #EBUSheBA | 2010/11/08(月) 14:02 [ 編集 ]

 
新年快到了。祝你们新年快乐哦~~
それが販売にその新しいモンクレールジャケットシリーズ-モンクレールグルノーブルReinswaldを設立しているすべてのモンクレールファンのために偉大な情報する必要があります。
http://www.monclerspeichernjackets.com/
URL | hoho #EBUSheBA | 2011/01/25(火) 18:57 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://fujishino.blog122.fc2.com/tb.php/47-e495fa02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 スキルアップネタ&メモ&TOOL all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
パソコンサポートf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。