スキルアップネタ&メモ&TOOL

   その名の通り、自分のメモ用ブログです。最初は、ブックマークのようにどんどんURLを貼り付けるだけになると思います。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カテゴリー

プロフィール

fujishino

Author:fujishino
こちらの記事より

最近の記事

ad

HOME > スポンサー広告 > title - 学校裏サイト その3 どのようにサイトが発展していくかHOME > ネットワーク インターネット > title - 学校裏サイト その3 どのようにサイトが発展していくか

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | このエントリーを含むはてなブックマーク


 学校裏サイト その3 どのようにサイトが発展していくか
学校裏サイトと簡単には言いますが、これまでも書いたようにそれ形態は様々なものがあります。
簡易掲示板のようなものから、PHPやCGIを使った高度なSNSのようなものまで、いろいろです。

多くは携帯電話から利用できる掲示板のようなものかもしれません。
しかし、若者たちの吸収力をあなどってはいけません。興味本位からはじめたホームページ作りからいろいろ試していくうちに自分でパスワード付きのサイトを作れるようになったりします。

その例を一つ。「裏サイト」と考えるのではなくて、学生たちがどのようにネットの技術を向上して行って、内輪ネタを話すようになるかの過程の参考です。

s-FE165.jpg

私は、あるプログラムの勉強で、それに関する掲示板を覗いていました。
他のサイトから流れてきたある中学一年生の男の子も、たまたまどこかからそのサイトに流れ着いたようです。そこでの発言などを見ていると、最初はネットのマナーなどを全然分かっていない様子でしたが、それに対して周りのみんなが注意をしていきます。彼はそこでまずネットのマナーを覚えつつありました。

その後、PHPで作られていた掲示板を自分でも作ってみたいと思うようになったようで、たとえば「XOOPS」としますと、それをダウンロードして、その後どうやったらサイトが作れるのかを経験者に尋ねます。
最初は経験者(同じく学生)が、無料のレンタルサーバにアップする方法を手伝いますが、そんなに難しくないのであっというまに自分で管理できるようになります。

長くなりそうなので、続きは↓


そして、嬉しくて同じクラスの仲の良い友達に知らせて仲間内のことを、書き込み始めました。
自己紹介のスレッドでは、みんながニックネームで入室してきます。
最初のうちは、知っている音楽サイトの紹介をしあったり、面白いサイトを紹介したりするわけですが、ネタがなくなると、以前書いたように「今日のテストどうだったー?」、「あ、そろそろ風呂入ってくる」「明日○○で待ち合わせね」みたいなローカルネタの内容になります。この時点で学校裏サイトといわれるのでしょうか。。。

そして気に入った人や仲のよい人を副管理人の設定にして操作の権限を与えたりします。

これは簡単な作業で、管理人がソフトにログインして、「誰々をどの立場にするか、どこまでのアクセスや管理を委ねられるか」ボタン一つで管理できるようになっています。この操作のために、まず利権争いが生じます。つまり管理人との上下関係がネット上に発生するわけです。
自分たちに気に入らない発言をする仲間やネットマナーを破る人がいると、アクセス禁止つまり入室禁止にするぞと脅します。いわゆる「アク禁」というものです。

それで、何人かの仲間内の中で、副管理人などになれない人、アクセス禁止にされる人が出てきて、アクセス禁止にされる人は、メールなどを送って「入室させて欲しい」とお願いします。このあたりで、不満が募る人は、仲間を罵倒する書き込みを始めます。

それと同時に、掲示板のスレッドはだんだん荒れてきます。覚えたての卑猥な言葉や無意味な言葉、悪口を誰かが繰り返し書き込んだりします。そしてそのような人は即アクセス禁止にされますが、何とかしてまた入室してきて、さらに悪口を書き込みます。
その中には、相手の本名をさらすようなものもあり、そうなるとお互いが罵倒し合うようになります。
このような状態になると収集がつかなくなって、掲示板はいわゆる「学校裏サイト」といわれるような荒れたものになって行きます。

これで、さらに管理人が飽きてしまい放置状態になると、クラス仲間以外のスパム系のものがログインしてきて、アダルト広告などをどんどん書き込んで、ますます収集がつかなくなってしまうわけです。

その頃には、彼らはブログ作成に思いがうつったようで、今度はPHPではなくブログのCSSやテンプレートをいじったりするようになっていました。その次は、自分で画像を加工してブログのヘッダー画像を作るのを楽しんでいました。
ということで、中学一年生でも、どんどんプログラミングを覚えていきながら、マナーや常識とサイト運営との天秤がつりあわないので、「裏サイト=中傷書き込み」というように認識されていくのだと思います。ほとんどはこの例よりももっとネットや社会の常識を知らないままに発展していく場合が多いのでしょう。
ネットワーク インターネット | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク

<<学校裏サイト その4 裏サイトの探し方 | ホーム | 学校裏サイト その2 ネットいじめに発展・・・>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://fujishino.blog122.fc2.com/tb.php/55-dad78948
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 スキルアップネタ&メモ&TOOL all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
パソコンサポートf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。