スキルアップネタ&メモ&TOOL

   その名の通り、自分のメモ用ブログです。最初は、ブックマークのようにどんどんURLを貼り付けるだけになると思います。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
カテゴリー

プロフィール

fujishino

Author:fujishino
こちらの記事より

最近の記事

ad

HOME > カテゴリ - ネットワーク インターネット

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | このエントリーを含むはてなブックマーク


 学校裏サイト その2 ネットいじめに発展・・・
「学校裏サイトは裏サイトだから・・・ その1」の記事で、まずは簡単にサイトが作れるということを書きました。

ただサイトを作るだけなら友達との交流を楽しむ程度で健全な利用は問題ないのですが、それがだんだんと悪質なものに発展していくと、今問題になっているような「ネットいじめ」、そしてその影響を受けた若者が→「自殺」に追い込まれるという展開になっていくわけです。

最初は、他愛もないネタの書き込みが友達とやりとりされていきます。「今日の宿題できたー?」程度のものかもしれません。
00028370_T.jpg

それがだんだん続いていくと、何も話すことがなくなってきたり、「ネットだから相手が見えない」ということで、「王様の耳はロバの耳」と言う童話の「叫びの壷」のように愚痴をどんどん吐き出していくようになるわけです。

これも最初は、たくさんの宿題を出した先生の悪口などからかもしれませんが、一旦悪口が出てくるとあとは、タガがはずれたかのように悪口が悪口を呼び込んで収集つかないような状態になります。
先生やクラスの悪口を書いているとそのような内輪ネタをみるのが面白い生徒たちがまた集まってきてそこは悪質な掲示板になります。

こうなると、参加人数が増えてきていますので、その中の一人が「死ね」とか「殺す」という書き込みを行なうと、みんなが書き込むようになります。それはキーボードをいくつかたたくだけですので簡単なもんです。

今度は、悪口の対象になった生徒がこの掲示板を見ると、もちろんショックを受けます。一旦見てしまうと、その後も気になって、時々アクセスします。クラスの「全員」がその掲示板に参加していなくても「みんなが自分の悪口を言っている」と思って動揺します。そうなると学校へ行っても楽しくありませんし、ネットで悪口ネタを仕入れたクラスメイト達は、うその情報でもうわさ話で持ちきりになるので、あとは悪循環に陥るわけです。

これは精神的につらいですね。。

CNET JAPANのニュースによると、文部科学省が行なったアンケートでは
2008年3月11日時点で、学校裏サイトとされるものが、約3万8千件になっていることが発表されたようです。どうやって探したらいいのか、後の記事で書く予定です。



※インターネットの運営方法や、作成方法、悪質になっていく過程などは様々なパターンがありますので、このエントリの内容がすべてではないことをご了承ください。

ネットワーク インターネット | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク


 学校裏サイトは裏サイトだから・・・ その1
新学期も始まって、新しい友達も出来るようになると、学生たちは自分たちのホームページやSNSなどコミュニケーションの場をインターネットに求めるようになります。

少し前から「学校裏サイト」という言葉が良く使われるようになりましたが、
学校裏サイトってどうやって探すの?」と思っている人も多いかもしれません。学校裏サイトの探し方が気になっている方に、そもそもどのように学校裏サイトとなっていくか、ある一つのパターンを紹介したいと思います。
普通に検索で「学校裏サイト」と検索しても、見つけるのは難しいでしょう。

なぜなら、
裏サイト、つまりアンダーグラウンドで運営しているサイトですから、公には見つけることが出来ないように作っているわけです。自ら「これが○○学校の裏サイトです」と公表するようなことはしないでしょう。もちろん学校側が運営しているわけでもありません。
00028193_T.jpg


簡単に学校裏サイトと言っても多くは、みんなが最初から裏と思ってサイトを作っているわけではなく、最初は「ホームページ作りの勉強に・・・」というような感覚や、「みんながブログをやっているから私も・・・」というノリで実験的にホームページや掲示板、ブログなどを立ち上げていきます。普通に公開されるものもあれば、パスワードでログインしないといけないものもあります。ほとんどは「無料で」作成できるという簡易サイトを利用していることがほとんどです。

そして自分でアクセスするだけでは寂しいので、クラスの友人に「ホームページを作った」と、サイトのアドレス(URL)を教えます。
そして、ホームページを作ったときはアクセスが増えるのが一番嬉しいので、どんどん友達に紹介します。そうなると、自分たちの仲間内だけでの情報やネタなどがどんどん書き込まれ、そこはクラスあるいは学校専用の「裏サイト」となるわけです。

では、どのようにそれが悪質なサイトとなっていくのでしょうか?
次回 その2で書いていきます。
    その3は実際に裏サイトに潜入した体験を書きます。
    
※インターネットの運営方法や、作成方法、悪質になっていく過程などは様々なパターンがありますので、このエントリの内容がすべてではないことをご了承ください。

ネットワーク インターネット | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク


 ポリスチャンネルのビデオでトラブル対策!
いまだに振り込め詐欺の被害にあっている人が少なくないようです。
特にインターネットを通しての詐欺も相変わらずです。
もしかすると、このブログを読みながらも、実は被害にあっていて気付いていないという人もいるかも分かりません。
たとえば、無線LANを使用している人は、近所の家や部屋の人が勝手にあなたの無線LANに接続している可能性があります。
このような事例も、ビデオで対策などを教えてもらうと、パソコン初心者の方でも納得していただけますね。

ということで、今回紹介するのは
ポリスチャンネル
と言うサイトで、様々な犯罪に対して防犯意識を高めるために作成されたサイトで、ビデオライブラリという中には、
サイバー犯罪に関してのカテゴリもあります。有名な女優さんも出てきますので、犯罪対策に一度みてみるのはいかがでしょうか?




ネットワーク インターネット | 固定リンク | トラックバック:0 | コメント:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク

前のページ
copyright © 2005 スキルアップネタ&メモ&TOOL all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
パソコンサポートf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。